SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

TONEに乗る太一君によるトライアルテクニック Coverphoto Gallery

TUBAGRA Rider Taichi x TONE

TUBAGRAライダー達が乗っているフレームはこちら002

Topics

影山輪業 横須賀 上町店 主催のバニーホップ練習会 by TUBAGRARiders-Diary

日曜日は横須賀でバニーホップ練習会を行ってきました。

この練習会を主催した影山輪業 横須賀 上町店は、TUBAGRAライダーYAMATO君がお世話になっているショップで、akaMOZUなどTUBAGRAのフレームを多数扱っていて、MTBストリートの知識も豊富です。

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

Facebookのみの告知でしたが、最近MTBを購入されたばかりの初心者から、長くMTBを楽しまれていてさらにバニーホップを高くしたいと思う方まで10名以上のライダーが集まりました。

基本的に1名1名見させていただき、その方のバニーホップの状態に合わせてレクチャー。みなさま最初の状態から明らかに上達されて、喜ばれていましたね。

 

それでは練習会の様子をご覧ください。下の写真は流木を利用したファイアークラッカー(前後輪を意図的に障害物にヒットさせ、その反発を利用して軽い力でバニーホップ)の様子です。これはトレイルなど木の根っこなどが多数ある環境でとても効果を発揮します。

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

タイミングが合うと本当に少ししか力を入れてなくても上の写真くらい飛べてしまいます。練習すればするほどタイヤが障害物に当たった反発を利用できるようになって、さらに高さが倍増。

 

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA
TUBAGRAライダーYAMATO君はファイアークラッカーを流用してバニーホップバースピン。

 

ずーっとバニーホップばかりしていると疲れてしまうので、後半はあまり疲れず爽快感のあるジャンプ練習です。自分が持参した携帯ジャンプランプを飛んでもらいました。

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

YAMATO君のガッツリ入ったテーブルトップ(インバート)。

ジャンプはバニーホップとは別に講習会を行った方が良いかも知れません。その方が効率的かつ集中的にトリックを覚えることができますから。

 

影山輪業 横須賀 上町店が主催 バニーホップ練習会 by TUBAGRA

という訳で怪我人が出ることなく、みなさま笑顔で練習会を終えることができました。本当に良かったです。

懲りずに開催して行く予定なので、どうかまたご参加ください!

久しぶりの新横浜スケートパークでRiders-Diary

土曜日は、TUBAGRAライダーYAMATO君より、来日していた岸君(20インチのInspiredに乗る高校生で現在ニウエ:ニュージーランドの北東にある人口1,500人程度の独立国家に住んでいる)がそろそろ帰国しちゃうので新横で西窪さん達と一緒に乗る、と聞かされていたので、久しぶりに息子を連れて新横浜スケートパークに行きました。

息子にお昼ご飯を食べさせるため自分はお昼前後には家に戻らないといけなく、遅く来られる西窪さんには会えなかったものの、YAMATO君、岸君、大竹さんのライディングの撮影を行えて良かったです。

新横浜スケートパーク YAMATO SHAKA26 バンクバニーホップ180タイヤグラブ

バンクでバニーホップ180タイヤグラブをするYAMATO君。

 

新横浜スケートパーク YAMATO SHAKA26 バンクバニーホップバースピン

そして得意技のバニーホップバースピン。

 

新横浜スケートパーク YAMATO SHAKA26 エアターンインバート

苦手というエアーターンインバートもしてもらいました。

 

そして岸君の高さ1.5mのBOXジャンプからのフットジャムテイルウィップ・ドロップ。

新横浜スケートパーク Yuki Kishi君 フットジャムテイルウィップドロップ

新横浜スケートパーク Yuki Kishi君 フットジャムテイルウィップドロップ

何度かバランスを崩して失敗していましたがメイク。

 

 

そして、20インチのAlias Bikesに乗り西窪選手と一緒にトライアルショーなどで活躍している大竹さんは、高さ1.5mはあるであろうステアーに気軽に飛び乗り、リアタイヤを角にタップして背面に180で飛び降りるトリック(技名は何と言うのでしょう?)を披露。

新横浜スケートパーク 大竹さん

新横浜スケートパーク 大竹さん

今やストリートトライアルでは定番トリックの1つですが、それを高いところで安定して決められる大竹さんのスキルの高さに驚くばかりでしたね。

 

そして息子ですが、当初は平地でのみ走り回ってもらう予定でしたが、そこは男の子。ランプなどのパークセクションに興味を持ち、ついには他のキッズスケートボーダーやBMXライダー達と一緒にライディングすることになりました。

新横浜スケートパーク 叶大 ヨツバサイクル yotsuba14

基本的に他のスケーターやライダーが走っている際はセクション上で待機し、自分の順番が回ってきたらライディング、という流れなのですが、最初はなかなか理解してもらえずに「まだ走っちゃ駄目なの?」と不満をもらして大変でした。でも、何だかんだそのルールは理解できたみたいで、本人はかなり楽しめていた模様です。

うーん、この調子なら、息子が保育園から帰ってきたら毎日新横浜スケートパークに通うのも悪くはないな。息子も上手くなるし、もちろん自分も上達できる!

 

朝活BIKE&FISH。ここ数日、梅雨らしい空模様に加えて気温も低いです。

朝活BIKE&FISH Mont-bell レインジャケット レインパンツ

なのでMont-bellのレインジャケットとにレインパンツで完全武装して多摩川にでかけました。

朝活BIKE&FISH Mont-bell レインジャケット レインパンツ

レインパンツがダボダボで正直格好悪い。細身に改造しちゃおうか真剣に考えていますね。

 

多摩川 朝活BIKE&FISH スモールマウスバス

ハッキリ言って水温も低くて全然魚の姿が見えませんでしたが、ワームで深いところを探っていて何とか両サイズのスモールマウスバスをGETしました。いやー、釣れてくれて本当にありがとう!

雨でも乗れる屋根付きパークRiders-Diary

今日は岡安製作所に用事があったので、道すがらにある新見沼大橋スポーツ広場スケートパークに立ち寄って、激しい雨の中ですが15分ほど乗ってきました。このスケートパークは有料道路が通る橋の高架下にあり、雨天でも雨の影響を受けることはほとんどありません。

新見沼大橋スポーツ広場スケートパーク KONA PROCESS 153 AL 刺しエアー

という訳で、短い時間ですが、29フルサスバイクのKONA PROCESS 153 ALに乗ってBOXジャンプで刺しエアー練習をしました。

 

新見沼大橋スポーツ広場スケートパーク KONA PROCESS 153 AL 刺しエアー

このバイクだとハードテイルのような鋭角的に高く飛び出して〜という動作が非常にやりづらいので低いエアーを連発。それでも何とかキッチリ刺そうと努力してみました。

 

新見沼大橋スポーツ広場スケートパーク KONA PROCESS 153 AL 刺しエアー

そしてガッツリ刺しが入ったー!と思ったら、サドルの先端がヘルメットのバイザー裏に突き刺さって「バキッ!」と音がした瞬間が上の写真です。

このまま続けていたら間違いなくヘルメットが壊れますね。

それ以降、再びヘルメットにサドル先端を当てるのが怖くて思い切り刺せなくなったのでした。

あと、天候不良から横風も強くて、ジャンプ2〜3回に1回は空中でバランス崩されて生きた心地がしなかったです…(汗)。

 

岡安製作所に行った後、練馬・板橋・埼玉、和光市のマウンテンバイク・BMXのプロショップ「AST(エーエスティー)」さんにakaMOZUを納入しにうかがいました。

ASTにakaMOZU GRAY RAW

現在、ASTさんではBLACKと、希少となったGRAY(RAW)のakaMOZUを見ることができます!

ご興味のある方は、ASTさんにぜひ足をお運びください!

 

 

ちなみに昨日の午前中スケートパーク練習は城南島でしたが、キッズスケーター達が多数ひしめいていて、自分のライディング写真を撮る余裕は無し。

城南島海浜公園 CX-5 KONA PROCESS SHAKA24

仕方ないので、帰り間際に昔から考えていた構図で愛車を撮ってみたところ、猛烈にダサかった!(泣)

なんと言いますか、自分の愛車大好きアピールが強すぎちゃって、もうちょっとさり気なくした方がマシな気がします。

写真って難しいな。

 

 

そして朝活BIKE&FISH。ここ数日、ずーっと狙っていた川スズキがようやく釣れました。ルアーはシルバーのバイブレーションです。

多摩川 朝活BIKE&FISHで釣れたシーバス スズキ

完全に淡水の清流で、何故に海の魚であるスズキがいるんだ?ってビックリしますよ。

外径が約70cmちょいオーバーの29ホイールに当てて魚の大きさを測ると全長55〜60cmってところでしょうか。

ルアーを引いていて、銀色の巨体が凄い勢いで近づいてくる様が迫力満点!狭くて澄んだ川だからその様子が良く見えるのです。

これは癖になるなぁ。本当に面白い!

ここ数日のまとめRiders-Diary

日曜日、雨が降るというので、雨の中でもバリバリ朝活BIKE&FISHができるようにと、事前に購入したスポーツサンダルと、パット見普段着のスイムショーツで雨の多摩川河原へ出発。

多摩川河原ダートコース KONA PROCESS 153 AL スポーツサンダル スイムウェア

ザーザー降りの雨の中でも快適にBIKE&FISHができる!

 

多摩川河原ダートコース KONA PROCESS 153 AL 刺しバニーホップ

そしてスポーツサンダルを履いていても問題なくバニーホップができます!

 

多摩川 朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

小雨が降る中、お馴染みのスモールマウスバスを釣り上げました。

 

お昼過ぎには激しく雨が降ってきて気温も下がり、さすがに外に出る気もしないため家族で大人しくクッキー作り。

雨の日曜日は家族でクッキー作り

奥さんが作ったアンパンマン風のクッキーを筆頭にバッチリ美味しく焼き上がりました。

 

クッキー作りをする叶大

息子もアンパンマンクッキーにチャレンジ。カメラを向けると必ずこんな顔をするようになってしまった息子。どこでこんなことを覚えてしまったのだろう(汗)

 

叶大が作ったアンパンマンクッキー

息子が作ったアンパンマンクッキーが焼き上がったのですが、どう見てもJOJOに出てくる石仮面の出来損ないです。

 

月曜日は朝から激しい雨。

新横浜スケートパーク SHAKA24 雨天で乗れず

午前中に雨でも屋根があって乗れる新横浜スケートパークに行ってみたところ、台風による増水の危険性があるとかで緊急クローズ。そんな〜(泣)

結局、家の近所にある多摩川河原の橋の下で乗ってまぁまぁ満足。

 

火曜日は神奈川県相模原市にあるグラビティ系に特化したMTBプロショップ「ウィルバイシクル」にお邪魔してきました。

小山公園スケートパーク SHAKA24 ダブルペググラインド

道すがらにある小山公園スケートパークで45分ほどSHAKA24でライディング。このパークで乗るのは、もしかすると7〜8年ぶりでしょうか?

昔怖かったレールがメチャ余裕になっていて、自分の成長を感じるのでした。45歳のオッサンだけど。

 

ウィルバイシクルにお邪魔すると、何故かフルサスバイクでもバニーホップ大会になってしまうのでした。(※普通に訪れた方にバニーホップの強要はないのでご安心ください!)

ウィルバイシクル Will bicycle 試乗車 EVIL FOLLOWING MB

ウィルバイシクル Will bicycle 試乗車 EVIL FOLLOWING MB

ウィルバイシクル店長大崎さんの、試乗車 EVIL FOLLOWING MB(カーボン製 29インチホイールが入るところに27.5インチホイールをインストール)に乗ってのバニーホップです。

 

ウィルバイシクル Will bicycle 試乗車 EVIL FOLLOWING MB

大崎さんのEVIL FOLLOWING MBでのダニエル。フルサスバイクでこういったトライアルトリックをするのも格好良いです!

 

自分もEVIL FOLLOWING MB に乗せてもらい、恒例のバニーホップにチャレンジ。

ウィルバイシクル Will bicycle 試乗車 EVIL FOLLOWING MB サモ バニーホップ

このバイク、自分の愛車であるKONA PROCESS 153 ALと比較すると圧倒的にバニーホップがしやすくて驚きました。まぁ、本体価格差も倍以上だったりするので比較するのも野暮だったりするのですが。

ウィルバイシクルでakaMOZUの完成車が販売中!【売約済】Riders-Diary

神奈川県相模原市にあるグラビティ系に特化したMTBプロショップ「ウィルバイシクル」でakaMOZUの完成車が販売中です。

※売約済となりました。ありがとうございました。

ウィルバイシクル Will bicycle akaMOZU完成車

日本、というか世界で一番多くのakaMOZUを組み上げ、販売している実績があるウィルバイシクルだけに、akaMOZUの特性を知り尽くし性能をフルに発揮できるパーツ構成となっています。

ウィルバイシクル Will bicycle akaMOZU完成車

それでいて、ギリギリまで価格を抑えたパーツ構成にしてあるのもポイントでしょうか。

ウィルバイシクル Will bicycle akaMOZU完成車

ウィルバイシクル Will bicycle akaMOZU完成車

ウィルバイシクル Will bicycle akaMOZU完成車

ウィルバイシクル Will bicycle akaMOZU完成車

※リムのグラフィックはステッカーになっていて簡単に剥がせます

 

気になるパーツ構成はこちら。

フレーム:akaMOZU GRAY(RAW)
ハンドル:SPANK SPOON 20R
グリップ:SPANKのSPOON LOCK ON
ステム:RELIC ELS 突き出し35mm
フォーク:MANITOU MARVEL(エアサス)
ブレーキ:SHIMANO DEORE(DISKローターはメタルパッド対応)
クランク:SHIMANO ZEE
チェーンリング:FORMOSA 30T 限定オールブラック仕様
ホイール:FIREEYE EXCELLERANTハブ&リム
スポーク:PILLAR PRS14ブラック
コグ&スペーサー:BAZOOKA シングルギヤーセット 16T
タイヤ:DMR SUPER MOTO 26×2.2
サドル:SDG PATRIOT
シートポスト:TIOGA MXポスト

 

普通、1からこの手のフレームを組み上げると30万円オーバーが当たり前だったりしますが、このウィルバイシクルスペシャルのakaMOZU完成車の価格は270,000円(税抜)

上のパーツ構成から考えると、相当リーズナブルだと思います。パーツ構成に関しては、ウィルバイシクルのBLOGで詳しく紹介されているのでチェックしてみてください。

 

akaMOZUはバニーホップがしやすいと言うけれど、実際乗り味が分からないから決めかねるな…」という方は、ウィルバイシクルに試乗車がありますので、お店に行って試乗してみてください。

ウィルバイシクル Will bicycle 試乗車 akaMOZU

パーツチョイスは違えど、ほぼ同じ乗り味になっていますので、とても参考になるかと思います。

 

このakaMOZU試乗車でバニーホップしてみた写真。

ウィルバイシクル前でakaMOZUでバニーホップするYAMATO君

ウィルバイシクル Will bicycle 試乗車 akaMOZU ファイアークラッカー

そんなウィルバイシクルスペシャルのakaMOZU完成車に興味がある方は、ぜひウィルバイシクルにお問い合わせください。

神奈川県相模原市から遠く離れた方でも、完成車で発送した実績も多数あるので安心です。

 

ウィルバイシクル Will bicycle akaMOZU

ウィルバイシクル Will bicycle

決して広くはない店内にグラビティ系ばかりのMTBパーツが所狭しと陳列されています。その数、密度はまさに圧巻!

ウィルバイシクル Will bicycle 試乗車 EVIL FOLLOWING MB

店長の大崎さんはとても物腰が柔らかくて話しやすいので(写真は渋くて屈強そうですが…)、質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

Will Bicycle(ウィルバイシクル)
神奈川県相模原市中央区上溝5-3-16
TEL:042-760-8852

クルマでご来店される場合は、近所にあるダイエーの大きなコインパーキングを利用されることをオススメします。

先日のスマイルバイクパークRiders-Diary

先週土曜日のスマイルバイクパークでは、Yurisさんが試乗車として預けている27.5アルミハードテイルバイク DABOMB SENTINELにたっぷり乗ることができました。

Yurisさん提供の DABOMB SENTINEL スマイルバイクパークの試乗車

素直に良く進むバイクで、ジャンプもスラロームコースも快適に行けます。近頃はフルサスバイクやクロモリハードテイルばかり乗っていたので、アルミハードテイルのシャープさ、ソリッドさを改めて実感するのでした。

Yurisさん提供の DABOMB SENTINEL スマイルバイクパークの試乗車 でジャンプするサモ

Yurisさん提供の DABOMB SENTINEL スマイルバイクパークの試乗車 でバームをコーナリングするサモ

「こういったコースを走ることができるMTBを持っていない」という方も、スマイルバイクパークにはこの試乗車があるので、手ぶらで行ってもバッチリとライディングを体験することができます。

 

ご来場いただいたお客様のライディングを紹介。

スマイルバイクパーク スラローム

昨晩の雨天予報で午前中は驚くほど人が来ていなく、上の画像の方は午前中1人だけで乗られていて、どうやって走ったら良いか困っていたところで遭遇。早速、パンプトラックのプッシュプルのやり方と、スラロームコースの基本的なライン取りやブレーキングポイントなどをレクチャーさせていただき、スムースに走れるようになってとても楽しまれていました。

 

スマイルバイクパーク パンプトラック

スマイルバイクパーク スラローム

この少年にもプッシュプルとスラロームの走り方をレクチャーさせていただき、とても楽しく走っていましたね。

 

スマイルバイクパーク スラローム

この女性ライダーにもプッシュプルとスラロームの走り方をレクチャーさせていただきました。

 

スラロームコースをとてもスムースに、速く走られていた方たち。

スマイルバイクパーク スラローム

スマイルバイクパーク スラローム

スマイルバイクパーク スラローム

見ていてとてもアグレッシブで格好良かったです!

 

そしてスラロームコースをアグレッシブに走られていた方に連ジャンでノーズダイブのやり方を伝授。

スマイルバイクパーク 連ジャン

今までは「なんとなく」飛ばれていたのが、しっかりノーズダイブのやり方を覚えたことでジャンプがとても安定していました。

 

ここでまさかの懐かしい面子に遭遇。過去に数々のTUBAGRA主催イベントにも出場してくれたBMXライダーのきょーじゅです。

スマイルバイクパーク 連ジャン きょーじゅ

まさかMTBに乗って登場とは思いもよりませんでした。ジャンプはとても華麗です。話を聞くと、あの激上手BMXライダーのウミヒコ君と一緒にMTBを始めたとのこと!

 

スマイルバイクパーク 連ジャン きょーじゅ 息子さん

きょーじゅのお子さんもキッズ用MTBに乗られていて一緒に楽しまれていました。ご自宅からスマイルバイクパークまで相当近いとのことで、バリバリ通いまくってください!

 

そしてウチの息子です。

スマイルバイクパーク 連ジャン 叶大

お陰様でスラロームコースも1人で上から下まで走れるようになり、連ジャンも飛べはしないものの、全部のコブを走れるようになりました。他の人の迷惑にならない範囲で自由自在に走れるようになって欲しいものです。

岡安製作所で新しい冶具(ジグ)導入とフレーム本溶接の様子Riders-Diary

TUBAGRAの国内生産のフレームをすべて手がけてくれている岡安製作所で、この度フレーム制作で使用する冶具(ジグ:フレームをジオメトリに合わせて固定する基盤)がリニューアルされました。

岡安製作所 新しい冶具 ジグ 導入

冶具がリニューアルされて何が変わったかと言うと、今までの冶具ではBBのシェル幅が68mm固定でしたが、何と68mmから100mmまで対応することとなったのです。

そのことを分かりやすく例えるならば、岡安製作所でもBB幅が極端に広いファットバイクのフレームも作れるようになった、ということでしょうか。

BBシェル幅は従来68mmがメインで、昔はそれが当たり前とされていたため、ほとんどのビルダーが使用する冶具は68mm固定が未だに主流だったりします。それが昨今の色々なBB規格の乱立と、それに伴うBBのワイド化から、最新の規格を採用するフレームを作るにあたり新しい冶具の導入が急務でした。

ただし、それを実現するには、まとまった初期投資が必要だったり、今まで使い慣れた道具の根本(BB部分は冶具の根本とも言えます)が変わってしまう不安、という点からおいそれと誰でもできる訳ではありませんでした。

 

岡安製作所 新しい冶具 ジグ 導入

そんな状況でしたが、今回は岡安さんが頑張ったくださり、晴れて新しい冶具のど導入となったのです。岡安さん、本当にありがとうございました!

このことで得られるメリットとしては、次に制作するTUBAGRAの27.5インチホイール専用フレーム croMOZU275のシェル幅が68mmから83mmとなり、クランク幅をあわせるための余分なスペーサーが一切必要なくなり、組み上げがかなり容易になったことが挙げられます。

もうすぐBBシェル幅が83mmの新生croMOZU275が誕生するので、とにかく楽しみで仕方がありません!

 

岡安製作所では、現在、TUBAGRAのストリートフレームであるSHAKA26が作られています。

岡安製作所 SHAKA26を本溶接する岡安さん

最近TUBAGRAのWebサイトをチェックし始めた人は、国内生産のTUBAGRAフレームがどのように作られているかご存知ない方が多いかと思いますので、今回は岡安さんがフレームの本溶接をする様子をご覧ください。

 

岡安製作所 SHAKA26を本溶接する岡安さん

岡安製作所 SHAKA26を本溶接する岡安さん

岡安製作所 SHAKA26を本溶接する岡安さん

岡安製作所 SHAKA26を本溶接する岡安さん

国内では少数派のTIG溶接を駆使してフレームを仕上げていきます。

TIG溶接のメリットとしては、ロウ付け溶接と比較して高熱の範囲が局所的でパイプの変性が少なく(高熱になったパイプの箇所は変性して強度が下がる)、パイプの強度をギリギリまで引き出すことができます。つまりアクション系の用途にとても向いているんですね。

 

岡安製作所 SHAKA26を本溶接する岡安さん

BB周辺を溶接すると、その中にある油分が焼けて蒸発し煙となって出てきます。

 

岡安製作所 SHAKA26を本溶接する岡安さん

岡安製作所 SHAKA26を本溶接する岡安さん

溶接で使用するトーチ。この先の針の部分が届かない箇所は溶接できないので、トーチの届かない奥まった狭い部分がないようにフレームはデザインされています。

 

岡安製作所 SHAKA26を本溶接する岡安さん

足踏みペダルで溶接電流の強弱を調節。

 

岡安製作所 SHAKA26を本溶接する岡安さん

最近買い替えたという溶接機。過去の物と比較してサイズが1/4程に小型化しています。

 

岡安製作所 SHAKA26を本溶接する岡安さん

溶接を待つガゼッドやBBのブリッジ、チェーンステーのブリッジ。

 

岡安製作所 SHAKA26を本溶接する岡安さん

このように国内生産のTUBAGRAのフレームは溶接されています。

岡安製作所の岡安さんの溶接技術は非常に高く、美しいと業界内でも言われています。さらにアクション系に特化したTUBAGRAのフレームを15年以上、大量に作り続けてきているので経験や知識も豊富で、パイプの特性を引き出して壊れづらく仕上げる技術も国内随一。事実、国内のビルダーたちから指南の要請を受けることも多数ありました。

そんな芸術的な仕上げのフレームを、アクション系に使ってしまうという贅沢さ。

 

24" Street Trial Frame TONE バイク

岡安製作所で作られたフレームで、現在、即納できるのはTUBAGRAのライダーで、トライアル国内チャンピオン尾又太一君シグネチャーの24インチストリートトライアルフレームであるTONE

 

 

 

新MOZU shinMOZU

そして先日お伝えしたshinMOZUの2種類となります。

 

興味のある方はお問い合わせよりご連絡ください。

雨上がりにスケートパーク練習会Riders-Diary

本当は昨日はサタジュクの面々と埼玉にあるトレイルで走る予定でしたが、一昨日に結構な雨が降ってしまって中止に。代わりに見沼のスケートパークでワイワイと練習会をすることになりました。

新見沼大橋スポーツ広場スケートパーク SHAKA24 ストレート刺しエアー

自分のBOXジャンプを使ったストレート刺しエアー。

新見沼大橋スポーツ広場スケートパーク SHAKA24 斜め刺しエアー

続いて、斜め刺しエアーを行い、刺し方の違いを実演してみました。気持ち斜め刺しの方がエアーが高いですね。

 

サタジュク塾長の佐多さんのクォーターパイプ途中飛び出しの180。

新見沼大橋スポーツ広場スケートパーク akaMOZU 佐多さん 斜め飛び出し180

初めての感覚とのことで最初はだいぶ苦戦されていましたが、後半はコツを掴んで安定メイクになりました。

 

そんな佐多さんのakaMOZUバイクをご覧ください。

サタジュク 佐多さんのakaMOZUバイク

サタジュク 佐多さんのakaMOZUバイク

フレームカラーはGRAY(RAW)ですが、トップチューブだけBLACKに塗装しているのでしょうか?全体的にモノクロームな配色が渋カッコイイです!

 

そしてサタジュク塾生のミウラさんのクォーターパイプ途中飛び出しからの刺しバニーホップ練習。

新見沼大橋スポーツ広場スケートパーク akaMOZU ミウラさん 刺しエアー練習

ストレート刺しを目指していますが、なかなか腕がピンと伸びませんでした。とはいえ、この練習方法は平地バニーホップと比較するとかなり楽チンで、刺すことに集中して行うことができます。

 

ミウラさんのがこちら。akaMOZUバイク。フレームカラーはBLACK。

サタジュク ミウラさんのakaMOZUバイク

サタジュク ミウラさんのakaMOZUバイク

ダウンチューブ下の「akaMOZU」のグラフィックはミウラさんが自作したもの。

同じakaMOZUでも全然違った雰囲気のバイクになっていて面白いですね!

 

今回MTBを始めたばかりのサタジュク塾生の方も来ていまして、初歩的なパークライディングの練習を行っていました。

サタジュク 塾生の方のCOMMENCAL META HTバイク

そんな彼が乗っていたのは27.5インチホイールのCOMMENCAL META HT。akaMOZUと比較するとBBハイトが凄く下がっています。というよりも、akaMOZUをはじめとするTUBAGRAのフレームがどれもBBハイトが高いのですが。

太一君が高校の体育祭でトライアルショー!Riders-Diary

TUBAGRAのストリートトライアラーである太一君が、自校の体育祭でトライアルショーを行いました。その様子が公開されていますので、どうぞご覧ください。(※少し表示に時間がかかる場合がありますので、ゆっくりお待ちください)

最初は26インチのトライアルバイクに乗っていますが、中盤以降は彼のシグネチャーモデルである24ストリートトライアルフレームのTONEでショーを行っています。

24" Street Trial Frame TONE

TONEは現在、マットクリアーカラーが即納できる状態にあります。いつでもお問い合わせください!

梅雨入りズブ濡れスケートパークライドRiders-Diary

朝、息子を保育園に送り出した頃は小雨だったので、「これなら屋根のないスケートパークでも乗れるでしょ!」と多少の雨でもCLOSEにならない大師河原公園スケーパークに行きました。そして現地に到着してSHAKA24で乗り始めると、かなりまとまった雨が降ってきたではありませんか…

大師河原公園スケートパーク スミスグラインド SHAKA24

大師河原公園スケートパークの路面やセクションは完全に水浸しで、もちろん他の利用者(スケートボーダー)は人っ子一人いない状態。完全にパークを独り占めで乗れるのはありがたいものの、みるみる衣服も濡れていくのでした。

路面が濡れてかなり滑りやすくなっているので回転系トリックは封印で、直線的なグラインドトリックをメインに練習。その様子の一部を下の動画でご覧ください。

苦手なグラインドのコンビネーション練習を地道に行いました。

本当はダブルペググラインド→スミスグラインドじゃなくて、フィーブル→スミスをしたいのですが、まだ全然できそうもありません。懲りずに練習を続けるしかないですね。

そんなこんなで、45分も乗ったらパンツまで水が染みてくる程にズブ濡れになったので家に帰りました。まぁ、乗り方の制限はあったものの、集中して乗れて良かったと思います。雨天の際は、次は絶対に屋根のあるパークで乗るぞ。

 

 

朝活BIKE&FISHでは、このサイズのスモールマウスバスが連続ヒット。魚を見ながら釣れて最高にエキサイティングです!

多摩川河原 BIKE&FISH スモールマウスバス

そろそろ産卵の季節なのか、スモール君たちの動きが活発になってきました。

逆に言うと、簡単に釣れ過ぎて気が引けちゃうので、明日以降は別の魚を狙おうと思います。

っても、ナマズとか、なかなか狙って釣れるもんじゃないんだよな…

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2018 by Street MTB Team TUBAGRA