SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

携帯ジャンプランプ Portable Jump Ramp Coverphoto Gallery

Portable Jump Ramp

TUBAGRAライダー達が乗っているフレームはこちら002

Topics

息子のヘルメットを新調&croMOZU275のブレーキパッド交換Riders-Diary

昨日は息子と一緒に自走で小川輪業商会へ行き、息子のヘルメットを新調してきました。自宅から小川輪業までは7.5kmで、そこそこあるのですが、息子は苦もなく到達。成長していますね〜。

今回どうして息子のヘルメットを新調したかと言うと、今まで被っていた赤いBELLのヘルメット、かれこれ4年経っていて、流石にキツくなっていたのです。

駒沢公園 koMOZU 叶大 SMITH ヘルメット

店長の小川さんに選んでいただき、渋カッコイイつや消しBLACKのSMITHのヘルメットに決定!ありがとうございました!

帰りに駒沢公園に寄って撮影。

 

そして息子のkoMOZUのFタイヤもヨツバサイクルから新しくリリースされたVEE TIRE CROWN GEM 20”X2.25に交換していただきました。

駒沢公園 koMOZU 叶大 VEE TIRE CROWN GEM 20”X2.25 ヨツバサイクル

太くてブロックゴツゴツでとてもMTBらしい見た目になって満足!

少し空気圧を低くするとポヨンポヨンになり反発を多く使えてフロントアップ〜バニーホップが楽チンになったとか。(息子談)

 

さらに前回のトレイルから異音が酷かった自分のcroMOZU275のブレーキパッドも前後交換していただきました。

駒沢公園 croMOZU275

パッドの状態が酷いの何の!もっと早く交換しておくべきでしたねぇ…(汗)

交換後はかなり快適になって大満足!

 

 

梅雨と関係あるのかないのか、近頃はゲリラ豪雨が多いです。

昨日は雨雲レーダー見てゲリラ豪雨が近付いて来ていることが分かっていたけど、近所のホームセンターに買い物行って帰ってくるのギリギリ間に合うかも?

と気合い入れて出撃するも、家に着く500m前に滝のような雨を受けてずぶ濡れ。

ゲリラ豪雨 通り雨 ずぶ濡れ

天気に負けました。久しぶりに目が痛くて開けられない程の強い雨を受けましたね。

 

ずぶ濡れになった流れで、レインウェア着込んでcroMOZU275で近所の多摩川にGO!

朝活BIKE&FISH ジグヘッドワーム シャッドテールワームで釣れたシーバス

大雨による急な増水で、案の定、普段なんてことがないスポットがとてもホットな状態に。

すかさずルアーで足元トゥイッチするとシーバスが食い上げてきました!感謝!

短時間でワンハンドを習得する方法 & 富士ミルクランドキャンプ場Riders-Diary

「昔から苦手な超基本エアートリックのワンハンドを1日でできるようになりたい!」

と言う無茶なことを思いつき、近所の河原にポータブルジャンプランプを持ち込み50回(所要時間30分)して、その後スマイルバイクパークに行き4連ジャンプでトライしてみました。

ギコチないけど何とか入るように。今後はスタイリッシュに決まる様に、引き続き練習を頑張ります!

 

ワンハンドの写真もご覧ください。

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ croMOZU275 ワンハンド

手を離す方向、ハンドサインなどを織り交ぜられるようになるのが希望。もう少し慣れたら実現させたいと思います。

 

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ 高遠さん ワンハンド

一緒にワンハンドを練習した高遠さん。しっかり離せていますね!

 

 

毎月恒例の家族キャンプ、今回は富士ミルクランドキャンプ場に行ってきました。

富士ミルクランド キャンプ場

富士山が正面に見える広大な芝生広場があり、そこに自由にテントを設営することができます。

 

富士ミルクランド キャンプ場 MAZDA CX-5

天気が良ければ正面に富士山が見えるハズでしたが、私達が行った時は富士山は厚い雲で隠れていて、結局ほとんど見ることができなかったのは残念でした。

 

富士ミルクランド キャンプ場

テントの設営場所によってはトイレが少し遠く、歩くと結構時間がかかってしまうのですが、MTBに乗っていくと一瞬で到着します。路面もMTBにはちょうど良い凹凸でした。

 

ランチはキャンプ帰りに富士宮のソウルフードである富士宮焼きそばを。

富士ミルクランド キャンプ場 富士宮焼きそば

コシのある麺にイワシの削り粉、肉カスが(大まかな)特徴です。

美味しかったのですが、自宅で再現できないか考えてしまいました。

 

キャンプ帰りの車中は家族でApple Musicを使った選曲リレー。

富士ミルクランド キャンプ場 MAZDA CX-5

自分は青春時代に聴いてたヘビーメタルなど。

奥さんはDJなりたての頃に聴いてたダンスミュージック諸々。

息子はYouTubeでよく観る動画で流れる洋楽や打首獄門同好会を。

こんな感じで過ごすと130kmの道のりもあっという間でした。

 

 

先日のBIKE&FISHでは最年少TUBAGRAライダーのリュウ君と、koMOZU乗りのカイト君にナマズ釣りを体験してもらいました。

夜活BIKE&FISH ナマズ リュウ君 カイト君

とはいえ釣ったのはウチの息子でしたが、アタリからファイト、ランディングまで目の当たりにしてもらって良かったかと。

2人のお父様も大興奮でしたね!

またやりましょう!MTB乗った後にでも。

割と本気でポータブルジャンプランプをオススメRiders-Diary

スマイルバイクパーク小田原フォレストバイクなどMTBパークに来て間違ったフォームでジャンプを飛んでいる人が結構いらっしゃいます。

下の動画の中で紹介する「間違ったフォームのジャンプ」になっている方(フロントが抜ける瞬間にリアも一緒にホップしてしまう)は、この形が癖になっていると矯正がかなり大変だったり。

正しいフォームに矯正するにはお金(MTBパークの入場料やそこまでの交通費・ガソリン代など)と膨大な回数を飛ぶだけの時間と労力が必要で、それをいちいちMTBパークで行うのはすっごいロスです。

せっかくMTBパークに行くなら、もっとコースを活かしたライディングを楽しまれた方が絶対にお得。

 

そんな方には、真剣にポータブルジャンプランプをオススメします。

携帯ジャンプランプ Portable Jump Ramp

ポータブルジャンプランプなら持ち運びやすいので近所のジャンプができるスペースに持ち込み、自分のペースで何百回〜何千回と反復練習することができます。

 

今ではMTBインストラクターとなった私も、MTBを始めた頃は全然ジャンプなんてできませんでした。ジャンプランプを買ったらすぐにできるようになる?と思いきや、近所の河原でトライした最初の50回くらいは全然飛べなかった記憶があります。

それでも100回くらい試行錯誤を繰り返しながら飛ぶと、何発か気持ちよく飛べるようになってきました。

それを動画で自撮りしフォームチェックを繰り返し、さらに数え切れない程の反復練習をし続けたことで、今の自分の安定したジャンプテクニックを身に着けました。

 

これらの練習をMTBパークで行ったら、他の利用者との順番待ちなどがあって一発一発飛ぶのに時間がかかるしで、正直かなり非効率です。こっそりしっかり上達したい方にこそ、このポータブルジャンプランプをオススメします。

カイト君親子と河原ジャンプ練習〜スマイルバイクパークでレッスンRiders-Diary

最近、上達が著しいkoMOZUに乗るカイト君。久しぶりにお父様と一緒にウチの近所の多摩川河原にポータブルジャンプランプを持ち込んでジャンプ練習を行いました。

スマイルバイクパークで頻繁に会ってはいたものの、実は私は他の方のレッスン中だったりと、ちゃんとフォームチェックをするのは4〜5ヶ月ぶり?

するとジャンプを斜めに飛ぶ癖が付き、基本中の基本であるニュートラルジャンプが怪しくなっていて、急遽その矯正をすることに。

その流れでニュートラルジャンプがちゃんとできていないと繰り出せないワンフット練習も一緒に行いました。

多摩川 河原 携帯ジャンプランプ ポータブルジャンプランプ カイト君 koMOZU ワンフット

ニュートラルジャンプがしっかり出来ていれば苦もなく繰り出せるワンフットですが、斜めに飛ぶ癖がついてしまったカイト君は大苦戦。何とかワンフットした瞬間を写真に撮ることができました。

 

一方、最初はカイト君を応援していたcroMOZU275に乗るお父様もワンフットにチャレンジ。

多摩川 河原 携帯ジャンプランプ ポータブルジャンプランプ 阿部さん croMOZU275 ワンフット

カイト君と違いジャンプに変な癖が付いていないお父様はすぐにワンフットをメイク。しかもキレイな足の開き方です。

※カイト君のお父様は急遽チャレンジすることとなり今回は足にプロテクターをしていませんが、しっかり練習する際は怪我する確率が増えますので、必ずニーシンガードなど装着した上で行いましょう!

 

その練習の様子が以下の動画です。どうぞご覧ください。

 

自分もそのお手本でニュートラルジャンプはもとより、ワンハンドやワンフット、ノーフットなど基礎エアートリックの数々を披露しまくりました。

多摩川 河原 携帯ジャンプランプ ポータブルジャンプランプ croMOZU275 ワンフット

こういったトリックの練習もしっかりできるポータブルジャンプランプ、自分のペースでひたすら反復練習できてオススメです。

 

 

先日はスマイルバイクパークでプライベートレッスンがありました。今回はドイツ出身のお母様とお子さん(4)をレクチャー。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

お母様は日本在住歴が長く日本語、英語が通じて問題ありませんでしたが、お子さんはシャイな性格もあり、どちらも通じているかどうか全然分からない!(汗)

ハッキリ言って序盤はかなりパニックになってました(私が)!

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

とはいえ、「言葉の壁はハイでオーバーなテンションでどうにかなる」で乗り切り、お2人ともMTBライディングをとても楽しまれていたので良かったです!

 

レッスン後に自主練しようとするも、クルマから飲み物を持ってくるの忘れ、声をたくさん出すレッスンを始めとして2時間超水分補給無しで喉がカラカラになり、最初のテーブルトップ(インバート)で動きがバグってきて撤収しました。

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ croMOZU275 テーブルトップ インバート

これからの暑い季節、こまめな水分補給は必須ですね。

 

 

近所の多摩川ではこれからの季節、流れのある浅瀬では毛針でのオイカワ釣りを楽しむことができます。

多摩川 毛針でオイカワ釣りを楽しむ叶大

最近はカイト君のご家族もハマり、一緒になって夕方の涼しい風が吹く心地よい気候の中で、それぞれがオイカワをたくさん釣ることができました。

BIKE&FISH 毛鉤 オイカワ釣り

10匹釣って1匹くらいはこのような婚姻色がキレイに出た個体を釣り上げることができます。毛針でのオイカワ釣り、本当に面白くてオススメ!

梅雨入り前?猛暑のサタジュクアテンド・トレイルライドRiders-Diary

昨日の関東は暑い夏日。そんな中、サタジュクアテンドのトレイルライディングをしてきました。

今回のメンツをざっと紹介。

サタジュク トレイル croMOZU275 佐多さん

サタジュク塾長の佐多さんはcroMOZU275で走られていました。運営している「Sportsbikeshop Biking(スポーツバイクショップ バイキング)」が好調で連日の仕事疲れか、登りでまさかのペースダウンと苦しまれていましたが、下りでは流石の速さでしたね。

 

サタジュク トレイル マキシマさん

サタジュク塾生のマキシマさん。参加した他の人はどこか疲れが残る中、1人体調万全でバリバリ元気に走られていました。

 

サタジュク トレイル はせぴょいさん

今回初めてお会いしたはせぴょいさん。何と自転車で日本1周を達成したことのある筋金入りの方でした。

 

サタジュク トレイル croMOZU275

自分です。近所の多摩川でのBIKE&FISHから普通のサイクリング、MTBパークからDHコースまでのライディングをcroMOZU275これ1台でこなしています。

 

 

今回のトレイルは本当に暑くてバテ気味になるので、いつもより少な目のライディングを行いました。

サタジュク トレイル croMOZU275 佐多さん

サタジュク トレイル マキシマさん

サタジュク トレイル はせぴょいさん

しっかり休憩をとり、水分補給もこまめに行うなど熱中症対策もバッチリ。

 

冬の完全ドライな時期以外は湿気でツルツルになる名物「岩盤ルート」を走ります。ここの難易度は相当高く、足を付いたり、転んだりせずにクリアーするのは佐多さんレベルでもかなりの困難だったり。

サタジュク トレイル croMOZU275 佐多さん ツルツル岩盤ルート

かなりバイクは暴れるものの、速くスムースにクリアーする佐多さん。

 

サタジュク トレイル ツルツル岩盤ルート マキシマさん

何度か転倒したり、足を着くなどするもクリアーするマキシマさん。

 

サタジュク トレイル ツルツル岩盤ルート はせぴょいさん

同じく足着き多めではありますが、最後まで走りきったはせぴょいさん。

 

サタジュク トレイル croMOZU275 ツルツル岩盤ルート

途中で横に滑って激しく転倒するも、何とか最後まで走りきった自分。いやー、ここは本当に難しい…(汗)

 

朝9時から13時までまったり走って今日のトレイルライディングは終了。

サタジュク トレイル 集合写真

暑さに慣れていない身体にはこれくらいがちょうど良かったですね。また次回〜。って来週はいよいよ雨が多い梅雨入りでしょうか?

 

 

そろそろ梅雨入り?なのに全然雨が降らないここ何日。おかげで近所を流れる多摩川の水位はどんどん低くなっています。

朝活BIKE&FISH アジングワームで釣れたシーバス ボイル打ち

そんな中で時折シーバスのボイル(小魚を捕食するため水面に飛び出ること)が起きるのですが、今まで全然釣れませんでした。そこにアジングワーム(アジ釣り用の小さなワーム)を投げてみるとヒット!やっと釣ることができました。そんなに大きくないけれどとても嬉しい…(T_T)

KABUKI Front HUB発売スタート!Riders-Diary

TUBAGRAオリジナルハブ「KABUKI」シリーズにこの度新しくフロントハブがラインナップされました。

TUBAGRA KABZUKI HUB ラインナップ

その名もKABUKI Front HUBと言います。ブラックとシルバーの2カラー。

 

KABZUKI Front HUB カブキ フロントハブ

15mmスルーアクセル用が「KABUKI Front HUB 15
15mmスルーアクセル用シルバーカラーが「KABUKI Front HUB 15 SILVER
9mmクイックリリース用が「KABUKI Front HUB M9
20mmスルーアクセル用が「KABUKI Front HUB 20

基本的にボディは共通で、キャップ部分(アダプター)を付け替えてそれぞれのシャフトに対応します。

 

 

KABZUKI FrontHUB15 BLACK カブキフロントハブ15

KABUKI Front HUB 15

カブキ フロントハブ15は15M/100mmスルーシャフトに対応するフロントハブです。

フロント専用、軸幅100mm、軸径15mm、重量:180g、対応リム32H、カラー:BLACK

価格:12,100円(税込)

 

 

KABZUKI FrontHUB15 SILVER カブキフロントハブ15 シルバー

KABUKI Front HUB 15 SILVER

カブキ フロントハブ15シルバーは15M/100mmスルーシャフトに対応するフロントハブです。

フロント専用、軸幅100mm、軸径15mm、重量:180g、対応リム32H、カラー:SILVER

価格:12,100円(税込)

 

 

KABZUKI FrontHUB M9 BLACK カブキフロントハブM9 ブラック

KABUKI Front HUB M9

カブキ フロントハブ M9はM9/100mmクイックリリースに対応するフロントハブです。

フロント専用、軸幅100mm、軸径9mm、重量:186g、対応リム32H、カラー:BLACK

※クイックリリースシャフトは付属しません

価格:12,100円(税込)

 

 

KABZUKI FrontHUB 20 BLACK カブキフロントハブ20 ブラック

KABUKI Front HUB 20

カブキ フロントハブ20は20M/110mmスルーシャフトに対応するフロントハブです。

フロント専用、軸幅110mm、軸径20mm、重量:175g、対応リム32H、カラー:BLACK

価格:12,100円(税込)

 

KABZUKI FrontHUB ADAPTER カブキフロントハブ アダプター M9 20mm
別売で20M/110mmスルーシャフトやM9/100mm(クイックリリース)対応アダプターも販売しています。1,540円(税込)

近日中に発売「KABUKI FRONT HUB」家族サイクリングで羽田空港Riders-Diary

近日中にTUBAGRAオリジナルのフロントハブ KABUKI FRONT HUBをリリースします!

KABZUKI Front HUB カブキ フロントハブ

15M/100mm、M9/100mm(QR)、20M/110mmに対応し、別売のアダプターも用意。すべて32Hです。

来週頭には発売開始しますので、もう少々お待ちください。

 

 

今日は家族で自宅から羽田空港までサイクリングをしてきました。

羽田空港 穴守稲荷 家族サイクリング croMOZU275 Co-Tez koMOZU

ズラッと並ぶ我が家の岡安製作所製バイクたち。左から私のcroMOZU275 → 奥さんのCo-Tez(24インチファニーバイク)→ 息子のkoMOZUプロト。

 

こんなポジションのバイクで自宅〜羽田空港の往復25kmを余裕で走りきった息子。

羽田空港 穴守稲荷 家族サイクリング koMOZU

去年は泣き言吐きながら(その記事はこちら)かろうじての走破だったのに、エラく成長したものだと感心するのでした。

 

羽田空港からの帰り道、多摩川ガス橋付近の土手上から眺める、夕日に映える武蔵小杉のビル群。

羽田空港 穴守稲荷 家族サイクリング koMOZU co-Tez 多摩川川原

とても情熱的なオレンジ色で感動してしまいました。サイクリングの終わりにちょっとしたご褒美をもらえた感じと言いましょうか。

 

 

今日の朝活BIKE&FISHはトップ縛りで自分がいつもやるエリアを打ちまくるも爆風で無。最後のスポットで目の前に何を投げても全然釣れないシーバスのボイル。

もしかするとコレなら… 軽すぎてボイルの位置まで届かないのでワームシンカー付けちゃえ(←超雑なリグ)

朝活BIKE&FISH ジグヘッドワーム シャッドテールワームで釣れたシーバス

結果、4バイト1バレ1キャッチ!ようやくパターン掴んだぞー!

FULLCLIPのショルダーバッグ「SAVAGE」を使ってみましたRiders-Diary

Made in Japanのフィッシングバッグ〜アイテム〜アパレルをリリースしているFULLCLIP

FULLCLIPはいつもTUBAGRAが開催するイベントをサポートしてくれています。

BIKE&FISH FULLCLIP ショルダーバッグ SAVAGE

今回コンパクトでありながら大容量のランガン対応最強ショルダーバッグ「SAVAGE」を使わせていただきました。

※ランガン=RUN & GUN=移動して途中で止まっては釣りをし再び移動して〜を繰り返していくという釣り用語

BIKE&FISH FULLCLIP ショルダーバッグ SAVAGE

バッグにはルアーロッドを2本取り付けられるホルダーが実装されています。

 

このショルダーバッグ「SAVAGE」の最大の特徴は、コンパクトでありながら大容量を実現していることでしょうか。

BIKE&FISH FULLCLIP ショルダーバッグ SAVAGE

メインコンパートメント(主要な収納エリア)にはフルサイズの一眼デジ、ミニ三脚、交換レンズ、スマートフォン用三脚を収納しても余裕がある程の広さ。

 

BIKE&FISH FULLCLIP ショルダーバッグ SAVAGE

フロントポケットには自分が普段BIKE&FISHで持ち歩いているミニルアーボックスが2個、ハサミやプライヤーを余裕で収納できます。

 

BIKE&FISH FULLCLIP ショルダーバッグ SAVAGE

サイドポケットには自分の撮影には欠かせない自撮り撮影機器のセットが。結構かさばるにも関わらず、それらがサイドポケットにスッポリ入ってしまうのは驚きでした。バッグの反対側にも同じサイズのサイドポケットが付きます。

 

つまり、必要なすべての荷物をコンパクトなバッグにスッキリ収納し、フィールドに出ることができるのですね。

 

SAVAGEの装着例がこちら。

BIKE&FISH FULLCLIP ショルダーバッグ SAVAGE croMOZU275

いつも持ち歩いているタックル全部と、フルサイズ一眼デジに交換レンズ、三脚などかなりの荷物がコンパクトに収まっています。正直、凸凹が激しい悪路を走るとバッグが暴れますが、滑らかな道を走る分には全く問題無し。

 

SAVAGEを装着しての実釣シーンです。

BIKE&FISH FULLCLIP ショルダーバッグ SAVAGE croMOZU275

一眼デジや三脚など重たい荷物が入っているにも関わらず、数時間釣り歩いても特に辛さは感じませんでした。

 

という訳で、多くの荷物、タックル(釣り道具)などを一度に持ち歩いて釣りをされたい方に、SAVAGEはピッタリかと思います。

FULLCLIP SAVAGE ウッドランド
ちなみにSAVAGEは現時点(2021年6月2日)で在庫しているカラーが「ウッドランド(迷彩)」のみとなっていました。他は全部完売です。

もし欲しいなら、今すぐ購入された方がよろしいかと思いました。

 

 

昨日の朝は腰痛で1時間しかBIKE&FISHできず、さらにノーバイト。悔しいので寝る前に少しだけ行ってきました。

朝活BIKE&FISH エリア10 エリテンで釣れたナマズ

POPXで出ず、ジッターバグでも出なかったので、エリテンをアップに投げあおりを入れたドリフトさせてたら

ん?ゴミを引っ掛けた?

いやグングン引いてる!

今季一激しいファイトのナマズ65cmでした。

VOLCANO白糸オートキャンプ場で家族キャンプをしてきましたRiders-Diary

今回の毎月恒例家族キャンプはVOLCANO白糸オートキャンプ場でした。

白糸オートキャンプ場 MAZDA CX-5

最近リニューアルしたとのことで、施設の全てが綺麗で新しかったです。

 

白糸オートキャンプ場 MAZDA CX-5 croMOZU275 koMOZU

コンパクトで無駄無く効率的なスペース・レイアウトでしたが、他のキャンプサイトが近過ぎてMTBを持って行ったものの、飛び走れる雰囲気ではなかったですね。

あと、帰ってみて思い起こしてみると…キャンプした印象がとても薄いのです。

何となくですけど、キャンプ場はキレイで整然としていれば良いという訳じゃないことを、今回改めて知りましたね。もう少し遊び(何もない、的な)のスペースがあっても良かったのかな〜と。

 

それより近くにある白糸の滝に初めて行ってみました。名前は知っていて、あまり期待せずに滝まで歩いて行くと…すみませんナメてました。

白糸の滝

かなり壮大で見応えがあってビックリ。そりゃあ近年に世界文化遺産にも登録されますよね!観に行って本当に良かったです。

 

白糸の滝にあるアウトドアショップ兼レストランで「FUJINOMIYA」とプリントされたYAMAHAのYPJ-XC(スマイルバイクパークで試乗車になっているeMTB)の新カラーがレンタルサイクルになっていました。

白糸の滝 YAMAHA YPJ-XC

しかもmont-bellのフレームバッグ付きで見た目も結構オシャレ。

山が近く平地がほぼ無いこのエリアのレンタルサイクルとしては100点なチョイスですね!

 

 

白糸オートキャンプ場でなっていた野いちごを摘んで食べました。ほんのり甘酸っぱくてプチプチした食感が最高でしたが…

白糸オートキャンプ場 野いちご

食べ終わってから摘んだ直後に撮った写真を拡大して良く見たら、小さな芋虫と大量のアリが映ってる!!

ま、変な味はしなくて普通に美味しかったので、それらは見なかったことにしよう(汗)

 

 

キャンプで殆どMTBに乗れなかったので、家に帰ってきてから近所の多摩川川原にSHAKA24を持っていき軽く練習。

腰に少し違和感があったので、だいぶ抑えながら… って、最後のバニーバー失敗で腰がズレたー(泣)

 

 

基本的に1日1匹ルアーで魚を釣る、をライフワークとして毎日近所の多摩川をMTBで駆けずり回っていますが、たまーに多摩川から「ご褒美」をいただける時があります。

朝活BIKE&FISH POPXで釣れたナマズ

朝から70cm前後のナマズ2匹を。

朝活BIKE&FISH エリテンで釣れたシーバス

夕方はわずか2投で60cmオーバーのシーバス(スズキ)2匹を釣ることができたのです。

どれも近距離で大迫力の水面爆発で釣れ、満足度はかなり高い。脳汁ドッパドパでした。完全に麻薬です。これだから釣りは止められないのですよ。

スマイルバイクパークのスラロームコースの練習方法を模索Riders-Diary

昨日はドタバタ忙しない1日でしたが昼に少し時間ができたので、スマイルバイクパークのスラロームコースの上半分を1時間で何本走れるか?チャレンジしました。

スマイルバイクパークでプライベートレッスンをしていると「スラロームコースはどのような練習をしたら効果がありますか?」という質問をたまにいただくので、自分が思うところのソレを試してみたくなったのです。

 

という訳で、そんなスラロームコースにアタック開始!

スマイルバイクパーク SBP ENETREE airora croMOZU275 スラローム

スマイルバイクパーク SBP ENETREE airora croMOZU275 スラローム

スマイルバイクパーク SBP ENETREE airora croMOZU275 スラローム

スマイルバイクパーク SBP ENETREE airora croMOZU275 スラローム

押し上げせず、全部走って登り下りを繰り返し(足を付いたらその1本はノーカンという縛りも設けた)、10分で20本、30分で45本と頑張るも、50本目(35分)の登りで腰が限界となりストップ。

1時間ぶっ通しで走るのは無理でした(泣)

 

今回チャレンジしてみて分かったことは、ノンストップで繰り返すと5本目くらいに疲労で身体の動きが鈍くなり始めます。

さすがにこれだけ走るとコースを覚えてくるので、予め身体を早めに倒すと問題なく狙ったラインを走れるのですが、それでも回数を重ねる程、身体の動きが鈍くなっていきます。

あと、よろしくないのが、登りの疲れを下りながら休んで回復しようとし、ライン取りがどんどん雑になっていくこと。

 

まとめると、しっかりスラローム走行の練習をしたいのなら、2分に1本ペースで集中して行った方が良いと思いました。仲間と軽く談笑したり、自撮りなどを行って自分のライディングを確認しながらやれば、ちょうど良い時間配分になるのかと。

XCレースなど耐久系の対策なら、どんどん負荷を加えて行っても安定したスラローム走行ができるように、今回のような練習はアリかも知れません。

 

 

 

昨日は朝イチでTUBAGRA最年少ライダーリュウ君のお父様(Satoopidさん)と一緒にオイカワ釣りするも、魚の付き場変わっていて自分3匹、彼は0の散々な釣果。

前もって何回も通い、確実に魚がいることを確認していたのに謎だ…!

BIKE&FISH 毛鉤 オイカワ釣り

このままでは申し訳ない!と、夕方に同じ場所でリベンジしたら入れ食い爆釣でした。何故?もう良く分かりません(汗)

 

そこでSatooさんとリュウ君、それに一緒に来たカイト君とご家族にも釣っていただけて一安心!

BIKE&FISH 毛鉤 オイカワ釣り リュウ君

自分は途中で息子を学童に迎えに行くために早く帰ってしまったけど、もっとみんなで一緒に釣りしたかったな。

夏になったらもっと気持ちよくできるので、その時にも是非!

 

 

オイカワは爆釣したけれど、やっぱり大きな魚も釣りたい!と頑張ってみたところ。

期待せず気になっていた新スポット開拓すると到達するまでに首丈&虫満載の雑草が待ち構える、後悔する程ハードな藪漕ぎが待っていました。

朝活BIKE&FISH シャッドテールワームで釣れたナマズ

全身汗だくで樹木沿いにシャッドテールワームでボトム通すと74cmナマズ!嬉しい〜!!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2021 by Street MTB Team TUBAGRA